編集
ムスメミユキ
 
最初
  • スポンサーサイト

  • 2014年03月02日日曜日 | カテゴリー:-

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサーサイト | カテゴリー:- | コメントする |
    Entry: main  << >>
  • 政令指定都市

  • 2009年06月10日水曜日 | カテゴリー:
     MIYUKI TR8/i3

    言うべきか言わざるべきか悩んでてんやん。

    言った所で何が変わるわけでもないし

    別にそんな深い意味はないし。

    まあこの流れで

    「たいしたことないやん」

    って言うオチなんやろうとは

    気付くかも知れんけど、続けるな、

    別にほんましょうもないことやし、

    そんなこといわれて、どうせえっちゅうねんって言う話やし。

    僕が言われたら迷惑やし。

    でも気付いたからいわなしゃあないやん、

    この心の中のもやもやがどうしようもないやん、

    ただの自己中や言われるかも知れんけど

    そやねん、あくまで僕のために言うねん。

    僕がすっきりするために言うねん。

    あんな、実はな、

    このブログのアクセス数が、50万超えたっホー!

    多分2005年ぐらいからはじめたこのブログからすると

    そんなたいした数じゃねえが50万というこのキリのいい数字をよ

    かみしめようじゃねえか。

    都市で言うと政令指定都市ですよ。人口50万。

    愛媛県は松山市ですよ。

    シムシティでも4年で50万人超えるのってたいしたもんじゃない?

    ていうか無理じゃない?4年で50万は。

    シムシティじゃないけど。

    一日一ケタ台のアクセス数しかいなかった始めた当初

    最近ではグランツールの時はアクセス数が1000超えたりして

    悪いか千超えたぐらいで喜んじゃ。

    まあそれはアクセス数(ページが更新された回数)なので人間の数じゃないけど

    実際何人ぐらいの人間が見てるのかしらんとは思うものの…




    まあそんだけの話なんですけど…




    あとこれはどうでもよくないんだけど

    今日ラジオを聴いてたら

    民謡というか、民謡ではないんだけど、

    大昔の、軍歌ばりの歌謡曲みたいなのが流れてて(NHKFMで)

    なんとゆうの、サビの終わりのきめ台詞のようなところの歌詞が

    「♪やれほんにさやいてこく〜」

    なんやねん「やれほんにさやいてこく」

    他の部分は普通に聞き取れる普通の日本語で方言でもないのに

    何でいきなり「やれほんにさやいてこく」がでてくるねん。

    ウルフルズの「ガッツだぜ!」でいうと

    「お〜と〜こ〜は 汗かいて べそかいて ゴー!」

    のところが「やれほんにさやいてこく」ですよ。

    こんな気持ちがすっきりせえへんことってありますか?

    全然盛り上がれへん。

    全然こぶしを振り上げられへん。

    いったいどういうつもりやねん「やれほんにさやいてこく」

    どういう意味やねん「やれほんにさやいてこく」

    なんでそこで「やれほんにさやいてこく」がでてくるねん。


    全然やれほんにさやいてこけへん。



    そんなことがありましたね、、、
    | 政令指定都市 | カテゴリー: | コメントする |
  • スポンサーサイト

  • 2014年03月02日日曜日 | カテゴリー:-
    | スポンサーサイト | カテゴリー:- | コメントする |
    コメント
    50万アクセスの内、47万は僕のアクセスだというのはここだけの秘密です。。。
    Posted by: かづきち |at: 11
    10万は僕やのに、数があわないじゃない!
    Posted by: ミユキ |at: 12
    ヒョウヒョ――(‘∀‘)――ウウ!!

    前フリで心臓バクバクでした。

    「やれほんにさやいてこく」ですか、最近になって「マイケルジョーダンの再来」といわれてるやつです。

    最近、空気抵抗が少なくてカッコよさそうなデザインを描いてそのままカーボンで作ったようなロードが増えてて、新しいデザインを描こうと思ってものすごくリアルに見えますね。
    Posted by: はぎわら |at: 13
    それは 名曲 「波浮(はぶ)の港」の歌詞の あいのてでしょう。「やいてこく」ではなくて、「島の娘たちは、‥‥船のともづな、ヤレホンニサ泣いて解く」でしょう。漁師である彼氏の乗る小さい舟(今のようにエンジンのついた立派な漁船ではありません)は板子一枚下は地獄といわれていたように、漁から無事に島へもどるまでは、とても危険で心配なので、これから漁に出掛ける彼のために、港につないである船のともづなを、「ああ、ほんとうに、ああやって泣きながら解くんだなあ」という意味でしょう。 
    Posted by: まーくん |at: 35





    (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.