編集
ムスメミユキ
 
最初
  • スポンサーサイト

  • 2014年03月02日日曜日 | カテゴリー:-

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサーサイト | カテゴリー:- | コメントする |
    Entry: main  << >>
  • 上海に行ってきたのだわ

  • 2009年10月04日日曜日 | カテゴリー:

    中国のマクドナルド。

    そうそうそうそう、中国は上海周辺に行ってきた話していいですか?
    一回目が台湾、2回目の海外旅行が中国は上海と言うことで、漢字大好き!といったころあい、自分は漢字がものすごく苦手で、この旅行ではんこやさんで「ムスメミユキ」の「娘深雪」のはんこ作ってもらったんだけど、「娘」という漢字が出てこなくて中国人に「こうでしょ!」と教えられた。さすが中国人。

    ぼかあ中国、上海とか北京というと、あの「ママチャリ天国」、道路を占拠して押し寄せるママチャリの大群、を想像していたのだが、実際行ってみるとママチャリ天国と言うか、「いかにもママチャリ」的な自転車の方が少なかった。じゃあ何があったんかというと



    電動自転車だ、電動アシストの自転車ちゃうで、いうたら電気原チャリですよね、そればっかなのだよ君。音もなく結構なスピードで突っ込んでくるから結構怖い。よく見たら「ペダル」もあるでしょう、ペダルこいでも進むわけです。ペダルこいだら電気がたまるかは知らん。大人2,3人載せてもスイスイ走るみたいだから結構出力もあるみたい。ちょっとほしい。



    ナウい感じのスクータータイプから、こういう、いかにも「普通の自転車にバッテリーとモーターだけつけました」といったおんぼろ電動自転車も走っていて、それが大雨の中走ってたりするので、感電したりしないのかと気が気でない。その他小径車とかロードレーサーとかバラエティー豊かな自転車に中国人は乗ってた。



    ヨーロッパとかで普及し始めとる、なんていうのかは忘れたけど乗り捨て式のレンタサイクル?そういうのが観光地とか都市部にはあったのだわ。あと「車道」と「自転車(電動のも)、あとバイク)」のレーンが別れてて、ここら辺の自転車文化は日本よりすすんどるわ。



    5日間行ったんだけど、最終日以外は曇りもしくは雨、そんな中に二回も湖遊覧船があって、景色もへったくれもないのだった。天気がいいバージョンと悪いバージョン考えてくれたらええのにな旅行会社



    一日目に行った「西湖の夜」とゆう舞台というか、なんというか、
    超キレイなひらひらで薄絹で淡い色使いの中国の民族衣装いわゆる漢服、すなわちものすごいおれ好みの衣装、を着た中国にはこんなに美女がおるのかというぐらい総勢100名以上による大胆かつ妖艶な舞、および男共によるアクロバティックで豪快な演武、あと中国雑技団的なこと、をこれでもか、とくりかえし、場合によってはそれらすべてを同時に舞台上でやるといったアレは何なんだ、考えられへん、意味がわからん、日本人には「いい意味でも悪い意味でも」出来ない舞台であるこれは。

    「ぎゃあー、う、美しい、すいませんでした、中国なめてました、もう許してください」
    「そうか、わかったらええねん、、、、と見せかけてまだ続ける!!!!」
    「ぎゃあーーー!はあ、はあ、もうほんと勘弁してください、、、」
    「今日はコレぐらいで許しといたろ、、、といいながらまだまだやるーーー!!」
    「ひいいいい」

    みたいな、どS…!絢爛豪華さのどS野郎だよこいつは、、、!!正直僕には演武とかはどうでもよくて、ただただ中国の美女らによる妖艶麗美なる舞踏の一方的で圧倒的な圧力に、「ら、楽園や、ここは楽園、、、ハッもしやここが噂の桃源郷か!」といったあんばい、しかも席が一番前で、最高の席で、目の前の美女のスパッツが股間に食い込んでるのがちらちら衣装の裾から見えて、そういう話はここでは無しで…!あああ、もうほんとうにすごかったわ、近くにこれがあったら月1で行くもん、4000円でも行くもん。



    あと寺とか巡ったけど、、、日本にもあるしな寺



    中国の寺はこんなことしてる。気に赤いリボンを結んでる。これはあれかしら、日本で言うとおみくじを気にくくりつける的なことなのかしら、



    龍山寺。ネオンで飾られエキゾチックですね。



    中国で食べたやつ、、、
    ビールはロシア製だったし、ポテチはLAYS?だった。中央のがソーセイジで、鳥が描かれとるから鳥のソーセージだろうと買って、食べたら、一口目でうげえ、と吐いた。
    自分、、、好き嫌いはまああるけど、それでも捨てるのはもったいないし、「嫌だなあ」と思いながら食べるんですが、これは本当に無理だった、、、身体が「これはゼッタイ嫌!無理無理無理!」とここまで拒絶したのは初めてだわあたし、、、。外見からして「日本でもよくある魚肉ソーセイジの鳥版じゃないの」と思うかもしれませんがふざけたこといってんじゃねえ。
    まず味、、、っていうか、筆舌に尽くしがたいまずさなんだけど、、、っていうか「おいしい」「まずい」のカテゴリーにすら属すべきでない味なんだけど、、、なんていうか、「腐ったヨモギ」の味、かな、、、食べたことねーよって、僕も食べたことないですよ、でも、たぶん腐ったヨモギを、臭いのでなんかの薬品でごまかしたらもっとひどくなった、みたいな味と匂いですよ、、、
    そして食感、、、「魚肉ソーセイジじゃねえの」ってふざけんなって、、、、
    なんていうの、「食感だけでここまで嫌悪感を抱けるの?」って言う食感で。たぶん、うまく調理できてない芋虫、みたいなね、、、芋虫だけで嫌なのにうまく調理できてないのかよって言う、、、
    まさかこんなちっぽけなソーセージにここまでやられるとは思ってなかったのだった。
    もちろん全部捨てて、うがいもしたけど、この水道水がまた泥臭いんだよなあ、
    どこ行っても泥臭い。おそらくコレを使って出されてるレストランのお茶も泥臭い。
    あと料理の魚も泥臭い。中国は泥臭い。



    東洋のベニスと言われているところ。
    東洋のベニスではないと思う。



    これが中国のサービスエリアだ!



    みんなが見たかった!中国の高速の料金所!




    こういう自転車もやっぱりあるのだわ、そのよこを



    こういう高級車が走ってたりと、格差の街、上海だわ。
    ベンツにBMW、あとアルファロメオが多かった。あとフォルクスワーゲンの大衆車(へんな言い方)が多かった。フォルクスワーゲンと中国はなかがいいのかしら?



    実際車の数は上海では大問題になってて、毎日毎日大大大渋滞なので、ついに政府は「上海で買ったらナンバープレート登録代70万!」ということにしたという。他の州?でナンバープレート登録したら数千円らしい。なので上海の人でも遠くの州で車を買ったりしてるという、、、そういう人は時間によっては高速に乗れない。



    F1好きならドキッとするんちゃう?したやろ!ほらーゼッタイしたわ、
    の中国石化。
    上海グランプリのメインスポンサーですよね。



    上海グランプリのポスター。



    料理は結構豪華だったのだわ、5日間、30000円で毎日3食付、ですから、
    十分豪華だあ。まあほとんど毎日同じような料理だったけどね、、、。それにしても僕はこの中国式の料理の出し方が嫌だ、、、。周りに気使うじゃん、、、。



    中国の絵画にはゼッタイ出てくる奇岩だ。かっこいい、、、こういうのけっこうすきよあたし、、、。
    長い年月をかけて水の中で侵食された岩らしい。最近では機械で作ったりもしてるんだって、、、。



    たべたやつ!
    中国のかっぱえびせん(カルビーのだよ)は、こころなしか味が薄かったような、、、。
    雪花というのはビール。中国のビールは全体的に薄いです。



    高層マンションがポーンポーンノポポポポーン、そこらじゅうに立ってる。
    それでもまだまだ建設中だらけの上海、ほんとにそんなに需要あんのか?とおもってしまうわ。造ったわいいけど誰も使わん、で一気にバブルがはじけたら、本当に世界的に大打撃だよ上海がおかしくなったら。うまくやっとくれよ上海中国、、、。
    っていうかどうやってつけたんやエアコンのやつ、、、。




    これほとんど全部電動自転車よ



    現在「超」進行形の街、上海、きれいなビルの下を見たら瓦礫の山、というところがほとんど。
    あと、中国は臭い、、、特に「料理店」の近くのあの臭さは一体何?あの、脂が腐ったような



    左下に看板があるんですけど、、、
    来年の万博のために街をキレイにしようとしてるわけですね、だからそこらじゅうで工事中。
    この工事が一気に終わるであろう2010年以降がちょっと心配だわね
    そしてこの奥、てっぺんが雲で隠れてるのが



    この二つのビル!右が「上海環球金融中心」、492m!(びわこプリンスホテルの約4倍!)
    左が「金茂大厦」、右よりはちょっと低い。
    このビルが二本ドドーンとたっとる真ん中に建ったら、正直巨大建造物フェチの私としては一日中ここにいても多分飽きない、、、。げえー、というかんじだ、、、どういう感じだ、、、。



    金茂大厦からの夜景。!こんだけ高いところなのに、すぐ隣にもっと高いビルが建ってる、って言うのは、なんか異次元の不思議さで。なんか、、、うわー、って感じで、、、かっこいい言葉が出てこない感じで、、、!
    こういうビルは二重ガラスになってて、「一枚目はなんとかなっても二枚目に照明が反射して夜景が撮れない」ので、大きな影になるところを探したり作ったりするのだが、一眼レフを持ったドイツ人(多分)のおっさんと「撮れたか?」「まあまあ、、、」「あっちなんかどうだ?」「おー、結構撮れましたよトーマスさん(推定)」的な国際交流をしました。多分トーマスはボクのこと中国人だと思っただろうけどね、、、上海の街は結構暗いよ。



    この金茂大厦の最大の売りは「約400m吹き抜け」!
    つまるところビルの中心が空洞になっとるわけです。高さ400mの巨大ちくわです。
    「建物の内部が何百メートルもどーんと続いてる」
    って言うのみたことありますか?
    「横に400m」でもないのに、「縦に400m」ですから、、、
    こ、コレは異次元。
    ここからカメラとか落としたらゼッタイ壊れる(もっと大事故が起きる!)



    その横の東方明珠タワーの脚。上海は真ん中を川が流れてるのだが、その東側にこれらの高層ビルがあって、これほどにはいかないまで超高層ビルがボボボボーンと立ってるのが東側。
    東側はどちらかというと町もきれいな感じで、西みたいに瓦礫とかはないし、東は金持ち、西は貧困層、とかなんかで読んだ。




    その西側の夜景(ホテルから)。たしかに!



    あと上海博物館に行ったりして



    帰りの空港にはリニアモーターカー!
    やっぱり「動き出す時」は、ちょっとふわ、と浮き上がるのだった。
    最高速度は430km/hぐらい。
    近くからの写真もあるけど、「結構大きなものが当たって炸裂したあと」とかがあって、結構えぐいよ、、、。



    ぶち速くて正直よくわからーん!
    カーブの時のバンクがすごくて、コップとかおいてたらゼッタイばしゃーん!てなる。
    ぼかあもっと「フイイイン」みたいな乗り心地を予想してたのだけど、結構「ガガガガ」とくる。



    ってことでさよなら上海、、、。

    写真は170枚もアップしたのでこちらから見てくださいのこと。


    ああ、西湖の夜を見るためにもう一回行きたい、、、。
    | 上海に行ってきたのだわ | カテゴリー: | コメントする |
  • スポンサーサイト

  • 2014年03月02日日曜日 | カテゴリー:-
    | スポンサーサイト | カテゴリー:- | コメントする |
    コメント
    勝手に一人で行ってこい!!!

    ちなみに、リニアはそんな感じだったっけ?
    全然浮く瞬間とか感じなかったし、バンクも気にならなかったんだが。
    Posted by: えみゅ |at: 38
    むむむマジな話あれを数回見に行くなら3,4万ぐらいならむむむ、、、!!!!
    腹、、、それだけが問題!

    「浮く時」はまあ体感的にはなかったかも。
    外を見てたら「結構浮くな!」ってぐらい浮きましたよ。
    バンクは相当ついてたよー、まさに下から二番目がその時の写真ですけど!
    今調べたら最大12度あるらしいですね、、、12度って相当よ!
    Posted by: ミユキ |at: 39





    (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.