編集
ムスメミユキ
 
最初
  • スポンサーサイト

  • 2014年03月02日日曜日 | カテゴリー:-

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサーサイト | カテゴリー:- | コメントする |
    Entry: main  << >>
  • ジロデイタリア2010 第5ステージ

  • 2010年05月14日金曜日 | カテゴリー:




    3人で協力してフェアプレーでずーーーっと逃げてきて
    うお!逃げきれる!これは逃げきれるかも!ってなって
    目の前に、
    手を伸ばせば届く距離に
    ジロデイタリア、グランツールの勝利が見えて
    ふと後ろを振り返ると
    がんがんに踏んでくるスーパースプリントメイン集団が追ってくるのが見えて!
    やばいこのままだとつかまってしまう
    せっかくここまで逃げてきて、勝利が目の前にあるのにそれが全部フイになってしまう!
    という状況で
    一歩引いて、相手の出方を見るこの精神力。
    そして何かが起きたときにとっさに反応できる経験と実力っ
    したらばしびれを切らしたユキヤ 新城幸也がアタックを始め
    それみたことかと後ろにつくピノー、ゴール直前でユキヤの前に出て勝利!
    いやーうまいねえあっぱれである

    わかってるんやでわかってるんやけどさあああああ

    日本人グランツール初勝利を100あるとしたら90まで見せられてのあのピノーの振る舞い
    ピノーさんはなんら悪いことをしているわけじゃないとわかってはおるのですが
    やはり、おのれピノー貴様、と思ってしまいます、すいませんお元気でいてください。

    しかし「逃げを追う集団」にとって不利な

    下り坂
    細い道
    カーブ多い
    雨(がやんだのは誤算だったのやもしれぬ)
    そしてTTTの後で少々たるい感じのみなさん

    すべてがそろっていたこのステージ
    それとわかって逃げを決めた、ブイグテレコムアラシロユキヤ、
    逃げ切ることを目標に逃げたのだとしたら、なかなかの策士と見た
    ブイグ幼稚園なんと言う人がいますが、それは大きな間違いなのかもしれません
    ブイグ大学院ぐらいかもしれません。

    にしてもこの新城さん
    そして御存知別府さん、JSPORTSでは今の所ほとんど見れないけど結構いい成績を残していらっしゃる土井さん、みなさん選手として絶頂でこの成績かっていうと違いますよねえ
    これから!ヨーロッパで経験を積んで!どんどん強くなっていくから!っていう状況での
    この成績!ねえ大変心強い。
    もはや日本人がグランツールで勝てるか勝てないかという時代ではなく
    いつどこで誰が最初に勝つかしら!という時代になってんですね。





    新城幸也を育てましたエキップアサダもよろしくお願いします。
    | ジロデイタリア2010 第5ステージ | カテゴリー: | コメントする |
  • スポンサーサイト

  • 2014年03月02日日曜日 | カテゴリー:-
    | スポンサーサイト | カテゴリー:- | コメントする |
    コメント





    (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.