編集
ムスメミユキ
 
最初
  • スポンサーサイト

  • 2014年03月02日日曜日 | カテゴリー:-

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサーサイト | カテゴリー:- | コメントする |
    Entry: main  << >>
  • チームジャージ

  • 2011年05月24日火曜日 | カテゴリー:ムスメミユキ
    チーム宝塚線


    先日
    人生で初めてアノー

    チームジャージ

    というものをですね、サイクルジャージですね、上下そろえて、ええ、レーパンも
    レーパンも

    ビブ

    ですのでね、ええ、上下そろえてチームジャージを着て、初めて自転車に乗って出かけたのですが
    そうしますと、なんというか、妙に身が引き締まるというか、
    自分がおかしなことをしたら、チームの人みんなに迷惑かけるぞ、
    「あのチームのやつマナー最悪だよ!」とか言われるぞ、などと思って、いつもにもまして周囲に気を使って走ったのでした。
    大変信号を守りました。今までなら行ってたな、っていう信号もことごとく止まりました。
    すると妙なもので、そうすると、自分の周りのマナーの悪い方に対して感じる苛立ちというのもなくなりました。
    信号が変わりそうな時、とろとろ動く者がおれば、「はよ行かんかワレ寝ぼけんのはベットの上だけにしろクソッたれ」なとどいらだったり、「もういいや行っちゃえ」と踏むわけですが、
    そうすると無指示器で左折してくる車等に巻き込まれたり、気の早い車に横から来られることもあります。
    しかしながら、信号で止まる、ことごとく止まる、ということにしたらば、まあ交差点に進入する時、そもそも車の後ろでゆるゆる行くわけです。
    そうしますと、仮に無指示器で左折されましても、「ああ、無指示器でまがりなさった」程度のことで、いらだつこともないのです。
    走りに余裕を持つことで、精神的にもゆとりが生まれたわけです。
    そのひとふみふたふみを急いだところで、リスクは増えこそすれ、
    そんな何時間も変わるわけではない、ということに気づかされるわけです。
    そんなことを思いながら、原チャリに乗っている時もジャージを着てはどうかなあ、などということも思いました。
    あと二点で免停ですので…。

    | チームジャージ | カテゴリー:ムスメミユキ | コメントする |
  • スポンサーサイト

  • 2014年03月02日日曜日 | カテゴリー:-
    | スポンサーサイト | カテゴリー:- | コメントする |
    コメント





    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.